プレスリリース

2017年9月19日

ESG投資指数「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に選定

三菱マテリアル株式会社(取締役社長:竹内 章、資本金:1,194億円)は、ESG投資の世界的な株価指数であるDow Jones Sustainability Indices(以下「DJSI」)のAsia Pacific Index 2017年度構成銘柄として選定されましたので、お知らせいたします。

DJSIは、米国Dow Jones社とスイスRobecoSAM社が1999年に共同開発した世界で最も著名な株価指数であり、経済・環境・社会の側面から長期にわたる企業の持続可能性(Sustainability)を評価します。企業の社会的責任に関心をもつ投資家が、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の3要素に配慮した企業への投資を重視するなか、その重要な選択基準の一つとなっています。

今年はアジア太平洋地域の最大手企業600社の中から、当社を含む152社(うち日本企業は72社)が選定されました。

なお、当社は本年7月に「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」および「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄にも採用されております。

三菱マテリアルグループは、これからも「人と社会と地球のため」という企業理念のもとにCSR活動を推進し、ステークスホルダーの皆様への積極的な情報開示を行いながら、社会の持続的発展に寄与してまいります。

Dow Jones Sustainability Indices

<参考リリース>

2017年7月26日
ESG投資のための株価指数の構成銘柄に採用

http://www.mmc.co.jp/corporate/ja/news/press/2017/17-0726.html

以上

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る