IRポリシー

1.基本方針

当社は、株主・投資家の皆様に対し、会社法・金融商品取引法などの関係法令、証券取引所の定める有価証券上場規程などに従って、情報開示を行います。また、関係法令や有価証券上場規程において開示が義務付けられていない情報についても、株主・投資家の皆様に当社グループの理解を深めていただけるよう、適切な開示に努めます。

2.情報開示の方法

有価証券上場規程において開示が義務付けられている情報は、東京証券取引所の提供するTDnet及びプレスリリースを通じて開示を行うとともに、当社ホームページに速やかに掲載します。それ以外の情報についても、株主・投資家の皆様にとって有用な情報については、迅速・正確・公平な開示に努めます。

3.沈黙期間

当社は、決算関連情報の漏洩を防止し、公平性を確保するため、各四半期決算日の翌日から決算発表時までを沈黙期間とし、原則として、決算内容に関する質問への回答やコメントを差し控えます。ただし、沈黙期間中においても、すでに発表した業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、情報開示を行います。

4.経営に対するフィードバック

当社では、日々のIR活動を通じて得られた株主・投資家の皆様からの意見や経営課題については、取締役社長をはじめとする関係経営陣幹部に対し定期的に報告される仕組みを整備しています。また、中期経営戦略等の策定過程においてはIR担当部門も参画し、株主・投資家から得た意見や経営課題が十分に考慮される仕組みを構築しています。

このページの先頭へ戻る