電子材料事業

電子材料事業イメージ

圧倒的な開発力とものづくりで勝負できる現場力

パソコン、スマートフォン、タブレット端末はもちろん、自動車、家電に至るまで、IT・エレクトロ二クス技術の進歩により、私たちの生活は飛躍的に便利になってきました。電子材料事業では、これらエレクトロ二クス業界向けに、当社が生産するマテリアルを生かしたユニークで高付加価値の製品を提供しています。

事業の概要

電子材料事業の主な製品

売上高670億円、営業利益44億円、売上高構成比4.5%(2016年3月期)

電子材料事業では機能材料、化成品、電子テバイス、シリコンの4つの製品分野で事業を行っています。
機能材料部門では、三田工場が中心となり、スマートフォンのディスプレイや液晶テレビ用の各種スパッタリングターゲット、ハイブリッド車などに使われるDBA(高信頼性絶縁回路基板)のほか、低α線はんだ材、シリコン加工品などを供給しています。
化成品部門では、三菱マテリアル電子化成(株)が中心となり、自動車や建築物の窓ガラスに使用される熱線カットフィルムや、有機フッ素製品などを供給しています。
電子テバイス部門では、セラミックスエ場が中心となり、白物家電、通信機器などのエレクトロニクス製品に使われるサーミスタやサージアブソーバ、チップアンテナなど電子部品を供給しています。近年では自動車やオートバイの電子制御化・低燃費化を目的とした油温・吸気温センサでの採用が増えています。
シリコン部門では四日市工場および米国三菱ポリシリコン社が製造する高純度の多結晶シリコンやシランガスを半導体、電子材料などの分野に供給しています。

このページの先頭へ戻る

事業の目標と戦略

常に世界シェアNo.1製品群を有している高収益の事業体を目指しています。

機能材料ではディスプレイ向けターゲットの更なる拡販へ、円筒型や大型ターゲットのラインナップを充実させると共に、新合金の開発を進めます。
また、ハイブリッド車向けに製造しているDBA基板を、鉄道車両や産業機器のマーケットへ展開していきます。
電子デバイス製品では、新興国における省エネ型エアコンの普及にあわせ、生産販売体制を強化していきます。

電子材料事業カンパニーの品質方針については以下の資料をご参照ください。

このページの先頭へ戻る

トピックス

世界初、水になじみ油をはじく親水撥油剤を開発

当社と三菱マテリアル電子化成(株)は独自のフッ素化技術と有機合成技術により、水になじみ油をはじく「親水撥油」特性を持つフッ素系化合物を世界で初めて開発しました。
本開発品は、各種材料に塗布することで油汚れを防止し、除去を容易にするため、レンジフード、換気扇などの各種厨房機器、油で汚れがちな工場の床や壁、機械装置などへの利用が期待されます。
また、本開発品を各種フィルターに塗布した場合、水を通しながらも油を通さない油水分離フィルターとなるため、河川や海洋における油流出事故の復旧作業、石油資源の採掘現場、金属工場や食品工場の油含有廃液の油分離装置など、大規模かつ効率的な油水分離処理が求められる、さまざまな分野への応用が期待されます。

ラオスにサーミスタセンサの製造子会社を設置

MMEラオス社 MMCエレクトロ二クスラオス社

中国をはじめとする新興国において白物家電向けの販売が好調に推移している中、今後の需要拡大を見込み、東南アジア地域における増産体制を強化するためラオスにサーミスタセンサの製造子会社を設置しました。
サーミスターセンサをはじめとする電子デバイスは、今後も海外での生産を増強し、拡大する需要に確実に応えていきます。

このページの先頭へ戻る

沿革

電子材料事業カンパニーでは機能材料、化成品、電子デバイス、シリコンの4つの事業を手掛けています。

機能材料

1982年 大阪製錬所で精密圧延品の生産開始
1989年 三田工場設置
2004年 静岡DBAセンター設置
2012年 台湾菱興電子材料社設立(前身会社の設立年 台湾菱慶社:1995年/台湾菱真社:2006年)

化成品

1991年 (株)ジェムコ設立(前身会社の設立年 東北肥料(株):1938年/日本電子金属(株):1959年)
2009年 (株)ジェムコから三菱マテリアル電子化成(株)に社名変更

電子デバイス

1983年 セラミックス工場発足
1987年 MMCエレクトロ二クスタイ社設立
1993年 MMCエレクトロ二クスマレーシア社設立
2014年 MMCエレクトロニクスラオス社設立

シリコン

1967年 高純度シリコン(株)(後の三菱マテリアルポリシリコン(株))設立
1996年 米国三菱ポリシリコン社設立
2007年 三菱マテリアルポリシリコン(株)と合併、三菱マテリアル(株)四日市工場となる

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る