アルミ事業

アルミ事業イメージ

アルミ缶はリサイクル素材の優等生

私たちの暮らしの至るところで活用されている身近な金属、アルミニウム。
アルミニウムには、軽量性や耐食性、熱伝導性やリサイクル性など他の金属にはない特性を持つことから、工業製品から日用品にまで幅広く使用されています。
三菱マテリアルのアルミ事業では、アルミニウムの溶解、鋳造、圧延、製缶など各工程で、高精度の技術により用途に応じた最適な性状、形状にした製品をお客様に提供しています。

事業の概要

アルミ缶製造ラインアルミボトル缶製造ライン

UBC(使用済み飲料缶)UBC(使用済み飲料缶)

売上高1,559億円、営業利益78億円、売上高構成比12.0%(2017年3月期)

三菱マテリアルグループではアルミ圧延・加工品とアルミ飲料缶の両翼で事業を行っています。
アルミ圧延・加工品は三菱アルミニウム(株)が製造・販売しています。アルミ缶材をはじめ、熱交換器やバンパー等の自動車部材、印刷版、リチウムイオン電池やアルミ電解コンデンサ、医薬品包装用の箔、鉄道車両用放熱器などを製造・販売しています。
飲料用アルミ缶は、ユニバーサル製缶(株)が製造・販売しています。リシール性に優れるアルミボトル缶、さまざまなデザインや機能を付加したエンボス缶などお客様や消費者のニーズに応じたユニークな製品を提供しています。
また、使用済みアルミ缶を再び溶解してアルミ缶にする「CAN TO CAN」リサイクルを30年以上前から続け、省資源・省エネルギー化に取り組んでいます。

このページの先頭へ戻る

事業の目標と戦略

アルミ製品

アルミ圧延・加工品事業では、自動車熱交換器用押出多穴管の世界シェアNo.1を目指し、海外製造拠点の増強を進めます。
アルミ飲料缶事業では、国内シェアNo.1と使用済み飲料缶の活用率国内No.1を目指し、既存拠点の増強とアルミ缶リサイクルの強化を図ります。

このページの先頭へ戻る

トピックス

インドに熱交換用押出多穴管の製造・販売会社を設立、新工場で生産開始

エムエーエクストルージョンインディア社 エムエーエクストルージョンインディア社

三菱アルミニウムでは、日本・米国・タイ・中国に次ぐ新たな熱交換器用押出多穴管グローバル供給拠点としてインド国グジャラート州にエムエーエクストルージョンインディア社を設立。新工場が2015年8月に完工しました。同社は試験操業を経て本格的な商業生産を2015年12月から開始する予定です。ますます発展が期待されるインド国内需要はもとより、世界5拠点によるグローバルな製造・販売体制により、押出多穴管事業の成長を加速します。

アルミボトル缶の累計出荷数が100億缶を突破

ユニバーサル製缶のアルミボトル缶 アルミボトル缶

ユニバーサル製缶社では、2001年から生産・販売を開始したアルミボトル缶が、2014年12月に累計出荷数100億缶を突破しました。
その優れたリシール性によりスポーツドリンクから始まったアルミボトル缶は、さまざまな技術改良により、多品種の飲料へと利用範囲を広げてきました。
2007年に開発した高性能キャップは「高温殺菌処理が可能」という付加価値をもたらし、コーヒーやお茶などに使用されるようになりました。
これからも品質向上や付加価値の付与に取り組み、アルミボトル缶のシェアを確固たるものにしていきます。

このページの先頭へ戻る

沿革

富士製作所(創業当時)三菱アルミニウム社 富士製作所(創業当時)

米国サーマレックス社サーマレックス社(米国)

アルミ圧延・加工品事業(現・三菱アルミニウム(株))

三菱グループのアルミニウム圧延・加工品事業として、三菱金属鉱業(株)(当社の前身)と三菱化学(株)の両社が中心となり、米国のアルミニウム総合一貫メーカーであるレイノルズ社と提携し、三菱レイノルズアルミニウム(株)の社名で1962年に設立。

1962年 三菱レイノルズアルミニウム(現三菱アルミニウム)設立
1965年 富士製作所設置
1965年 社名を三菱アルミニウム株式会社に変更
1985年 サーマレックス社設立(米国)
1996年 エムエーエルシー-タイ社設立
1997年 ムアンマックスタイランド社設立
2004年 蘇州菱富鋁業社設立(中国)
2013年 エムエーエクストルージョンインディア社設立

ユニバーサル製缶富士小山工場ユニバーサル製缶社・富士小山工場

飲料用アルミ缶事業(現・ユニバーサル製缶(株))

1972年に飲料用アルミ缶事業に進出。日本に飲料用アルミ缶が登場してすぐの頃でした。

1972年 飲料用アルミ缶事業に進出、富士小山工場設置
1974年 岐阜工場設置
1975年 アルミ回収事業に進出
1976年 岡山工場設置
1977年 アルミ缶開発センター設置
1986年 (株)新菱アルミ罐回収センター(現新菱アルミテクノ(株))設立
1990年 結城工場設置
2005年 当社と北海製罐(株)(当時)のアルミ缶事業を事業統合しユニバーサル製缶(株)がスタート

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る